雑貨デザイナーになるには

チップ

選び方と基礎知識

雑貨デザイナーとは、身の回りにある様々な雑貨をデザインする人のことです。雑貨はいまやファンも多いジャンルであり、特定の雑貨デザイナーのファンという人もいます。雑貨デザイナーとなるのに特別な資格は必要ありませんが、デザインの知識やイラストレーションソフト、デザインソフト、CADの使い方などがわかっていると就職してからも有利になります。こうした雑貨デザインについて学べるのが雑貨専門学校です。厳密には、雑貨デザインのみの雑貨専門学校はほとんどありません。様々なデザイン系学校の中に雑貨デザイン科があるというパターンがほとんどです。インテリアや服飾デザイン、工芸との関連性もあるので、そうした学科に進んでもある程度関連する知識は学べます。ただ近年雑貨デザイナーは人気のある職種なので、真剣に目指したいのならば雑貨専門学校の雑貨デザイン科を撰ぶ方が確実でしょう。雑貨専門学校を出た後の就職先は雑貨メーカーや文具メーカー、インテリアブランドなどが一般的です。雑貨専門学校を探すときは、こうした就職先のことまで見据えて選びましょう。就職実績ががいほど就職もしやすいといえます。サポートがしっかりしているかも確認しておきましょう。また雑貨デザイナーとなるのに必ずしも資格は必要でないのですが、取っておくとよい周辺資格などはあります。そうした資格取得についての情報も集めておき、有力な武器にできるかを考えて選びましょう。